カートを見る
お問い合わせ
坂口農園オンラインショップ

Instagram 坂口農園

南高梅の赤ちゃんの誕生です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここみなべ町では、ほとんど梅の花が散ってしまい、29年度の南高梅の収穫にむけた準備が進められています。

その中にも梅の花をよく探すと、わずかに残っています。

その隣にはがくに包まれて、守られている梅の赤ちゃんが!!

この梅はしっかりと守られていますが、徐々に大きくなっていくと、、、

卵の殻を破ってヒナが生まれるように、梅の赤ちゃんもがくを破りひとり立ちです。


もう少しで完全にがくも落ちてしまいます。もうちょっと!!頑張れ!

生まれたての梅の実は、産毛が見えてとてもかわいいですね。

その隣には、、

小さな小さなタケノコのようなものが、

これは梅の葉になる小さな芽ですね。

この葉が大きくなって傘となり、梅の赤ちゃんを雨や、風から守ります。

しかし今はまだまだ葉は小さな芽の状態です。

うめは完全に無防備。

実は去年の3月28日。

数分の間、大量の雹がみなべ町晩稲(おしね)地区を襲いました。

梅の実は今はこの状態。

梅の赤ちゃんは傷つきやすく、上からの雹を守ってくれる葉もありません。

まさにめった打ち!!

自然は梅産業に大きなダメージを与えていきました。

商品価値はほとんどありません。

小さな実のときには見えなかった

小さな傷も、実が大きくなるにつれ

傷も大きくなってきます。

そのため当初の予想より

被害は大きかったです。

 


収穫直前の梅は、

ボコボコになってしまいました。

収穫しても梅干しとしての価値はあるのか、

収穫しても意味はあるか悩みました。

梅肉用などの出荷となりました。

 

 

塩漬けするとこんな感じです。

生梅の状態よりは少しは

ましになったかな。

良い事といえば、

選別がめちゃくちゃ早い事でした。(笑)

ほとんどが規格外です。

 

自然が相手なので仕方ないと割り切るしかありません。

不作のときもあれば豊作のときもあります。

しかしここ数年不作が続いています。

今年も花が満開の時に寒い日が続いてしまったので、蜂さんが飛んでいません!!

ということは梅が受粉していません!!

せめて雹は降りませんように!!!

なんとかなりますように!!(笑)